TMGP覚書ブログ

RPGツクールフェス デカンの風に吹かれて ツクりました 公開中

残念過ぎる話 実写映画トランスフォーマー

2007年から始まった実写トランスフォーマー映画が、バンブルビーのスピンオフ作品を最後に一旦仕切り直しとの事。

なんということか。まあ展開的に話が暗くなる一方だったし、ディセプティコンの主要幹部は軒並み死んで目ぼしいキャラもいなくなってきてたから、もしリブートされるならそれもありかもしれないけど。それにしては終わり方が半端になるでしょ。

五作目の最後の騎士王のラストはいかにも続くって感じで、次作ではユニクロン登場か!? みたいな期待持たせといて、そんなところで終わるとは。

今後ハズブロパラマウントの計画では、またG.I.ジョーの映画なんかもあるようなので、実はトランスフォーマーと縁の深いG.I.ジョーあたりとクロスオーバーさせて、マーベルのMCUみたいな展開を狙ってるのではなんて妄想したいけど。しかし最近MCU方式の集合もの企画がいくつかあるけど、マーベル以外で今のとこうまくいきそうなのはかろうじてジャスティスリーグのDCEUくらいにみえるので、わりとハードル高いんだよね。

ところで、トランスフォーマー界隈ではそんな展開ひどいってことが今までに何度も繰り返されているので、それをちょっとこのあと書いてみる。