TMGP覚書ブログ

RPGツクールフェス デカンの風に吹かれて ツクりました 公開中

地デジ移行期の珍奇な工夫

昔のガンダムとかトランスフォーマーとか見るわけだけど、当然のように4:3の画面になります。

4:3の画面を16:9のテレビに映せば左右の部分はもちろん余るわけです。

かつて地デジ移行期、16:9で放送される番組はアナログテレビでは左右が切られて見えず、逆に4:3で作られていた番組は、デジタルテレビでは左右に帯が出るという状況がありました。

大抵その画面左右の余った部分には意味もなく、番組名とか放送局のロゴとか書いてあったものだけど、一回だけ印象的な番組を見たことがあります。

その番組はUFOの映像とか、未確認生物とかそういうのを扱う番組 (この手のやつは見ずにいられない) で、その辺の内容自体は多分ありきたりで特に印象に残ってはいないのだけど、問題は4:3の画面の左右の部分で、なんとそこに生中継の動画が本編と並行して放送されていたのです。

なにをやっていたのかというと、UFOを呼ぶというお約束のやつなんだけど、デジタルテレビを用意して16:9の画面で見てる人だけがその中継画面を見れたという面白い使い方。

そんな風に有効 (?) 活用していた番組というのは他には知らないですね。

肝心のUFOが呼べたかどうかは記憶にないけど、まあどっちでもいいでしょう。

もう今となっては決して見ることもないであろう、地デジ移行期というタイミングでのみありえた珍で奇な放送でした。