TMGP覚書ブログ

RPGツクールフェス デカンの風に吹かれて ツクりました 公開中

Figure-riseLABO バンダイが今ヤバいらしい

皆さんバンダイという会社がヤバいらしいですよ。

主に先日発表された「Figure-riseLABO」でもって。

バンダイのプラモデルに関する研究とその成果は多分世界一といって差し支えないと思う。その研究怠らないバンダイは近頃から人間系の立体物っていうか美少女キャラのプラモデル化に積極的になってます。

以前から Figure-riseBust として二次元キャラの胸像のフィギュアみたいなものをプラモデルみたいなものとして展開していたものを、ついに全身をデザインしたFigure-riseLABOとして発表したのでした。

映像で見る限り完成品フィギュアのような出来。その手のメーカーの人もピキピキきちゃうくらいの完成度で、最も驚くべきことは無塗装のまま肌や衣装の質感も色も全部成型色だけで再現してしまおうというフィギュアの常識外の試み。

なにやらプラを薄く成型すると下の色が透けるのを利用して、肌色のプラの下にピンクのプラを入れて人の肌の血色とかを再現しているんだとか。

よく見ると髪の毛には力の入った技術はまだ採用されてなさそうなんだけど、そこがグレードアップしてきて、あと顔の造形が文句つけられない出来になってくるとフィギュア界の革命的な存在にもなっていくんじゃないかと思う。

繊細な塗装とかが必要なくバンダイのプラモの工場で安定したクオリティで生産されるとなれば、価格面で今のフィギュア市場に大きく差をつけることができるわけだから。

この第一弾に選ばれたホシノフミナというキャラは、ガンダムビルドファイターズトライの主役の一人でヒロイン。

最近この子こんな人気あったんだなってくらいよくアイテムが出てくるんだけど、バンダイが新しいガンダムブランド立ち上げるととりあえず初代ガンダム出してくるくらいの感じでとりあえずフミナってキャラになってる模様。

アニメの水着回の場面を立体化したらしいんだけど、フミナの水着自体はそんなにありがたみがないという。フミナは特にアニメの前半での普段着が変態レベルで、それインナーだけかよっていう、普通の親なら絶対に怒って外出させない格好でガンプラバトルの大会とかに出ちゃうある意味無防備キャラでした。

 自分は結局のところ非稼働のフィギュア自体は集めてないのだけど、こういったところからのフィードバックが当然今後のガンプラとかにも表れてくるだろうし、こういう技術を踏まえたデザインも今後発表されてもいくだろうと思うので楽しみです。

 

それで、何が一番ヤバいかって、組み立てる前のパーツがどう見ても切断された人体。