TMGP覚書ブログ

RPGツクールフェス デカンの風に吹かれて ツクりました 公開中

8月31日が誕生日の有名人

ずっと思ってることがあって、なにかの日本代表チームに、ミツマっていう名前の人が監督として就任して、みつまJAPAN誕生とか、みつまJAPAN始動みたいなことを言ってほしいなってことなんですけど、世の中は望んだようにはうまくいかず心も折れそうです。

 

まぁそんなことどうでもいいんですけどね。

8月31日といえばあの人の誕生日です。おめでとうございます。誰の誕生日でしょうか。人というかバーチャルシンガー初音ミクの誕生日です(これを書いてる時点で日付が変わって8月32日になってますが)。

3DSのProject miraiを日課プレイしているので、毎年誕生日にはミクさんにケーキを与えています。

 

最近テレビで初音ミクの出演した超歌舞伎を見たのだけど、ばっちり可愛かったですね。なんかボーカロイドは歌わせるのはよくてもセリフとかしゃべるのはNGみたいなことをどこかで見たような気がしたんだけど別にいいか。戦わせるのもNGのはず。

 

あの超歌舞伎のスクリーンに映し出されるキャラクターというのは実際に見るとどんな風に見えるんだろうか。遠景でみるとけっこうそこにいるようにも見えるけど、テレビじゃわからないか。

歌舞伎っていうのは、割と話の内容とかゆるくて結末とかもどうでもいいものなのかな。最後はハッピーエンドだからとりあえず盛り上がって終わろうぜ見たいな感じになる。大衆娯楽みたいなものから始まってるからそれでいいのか。

 

ほかにも冨田勲初音ミクとオーケストラコンサートみたいなのも過去にテレビで見たし、題材が宮沢賢治ということもあってとても私好みの内容でしたよ。

 

あとは太鼓叩きの鼓童初音ミクとのライブもあったんだけど、ここではセガ初音ミクの3Dモデルを担当していて、私はこのセガモデリングが好みじゃないのです。

顔もほかと比べて特別いいところがあるわけでなし、手足は棒みたいで若干人間離れしかかっているし、セガはこの分野では結構第一人者みたいな位置にいるのになんであんなモデリングのままなのかよと思う。何か特別なこだわりがあるんだろうか。

よその初音ミクの造形はすごい可愛いのに、デジアイARみたいな感じにできないのか。

 

Project miraiに関しては、セガとはいえねんどろいどの監修を受けているのでキャラ造形に関しては完璧と言えます。Project miraiの一作目を買ったときはボーカロイドの曲知識皆無だったし、今でもゲームで扱われてる曲以外はほとんど知らないくらいなのでキャラの見た目だけに反応して買わされたと言ってもいいくらい。

ただProject miraiは、プロモーションの着ぐるみにまでは監修の目が行き届かなかったのかミクダヨーを生み出す羽目になってしまったけど。

 

ところで話を戻すと、誕生日なら初音ミクは何歳になったんだっていうのが気になるでしょう。16歳ですよ。

詳しく生年月日を見てみると、2007年8月31日なんですね。

ボーカロイドソフトの発売日にちなんでいますな。

計算は合いませんよ? でも生まれたときから16歳なんでしょう。

 

こういうキャラクターは、いっそ面倒だから生年月日全部じゃなくて誕生日の日付だけ設定しておけばいいのじゃないかと思うんだけどね。

 

例えば春麗がいるわけですよ。いや春麗さんですよ。

春麗さんは、よせばいいのにちゃんと生年月日が設定されていて(年齢の計算するなよ!)1968年3月1日生まれってことになってるわけです。

今の若い子だったら、親より年上とかいう言っちゃいけないこと言いそうでしょ。

 

みつまJAPANよりも年上だってんだから驚くよな。

 

f:id:TransMetalsGP:20120620190420j:plain

写真はイメージです