TMGP覚書ブログ

RPGツクールフェス デカンの風に吹かれて ツクりました 公開中

頭文字F 暴力生物

f:id:TransMetalsGP:20190716202303j:plain

f:id:TransMetalsGP:20190716202256j:plain

衝撃的な画像を公開します。

ズタズタにされたトイレットペーパーです。

鋼鉄でできているはずのトイレットペーパーを、容易く破壊する爪の持ち主がいるのです。

 

フェレットです。

 

人間以外の野生の生き物で仰向けに寝るのはライオンだけだと言いますが、我が家の野生のフェレットも王者の風格で仰向けで寝ます。

 

丸くなって寝るのが基本姿勢だけど、この地上に敵のいないことを知っている最強生物なので、ときには仰向けになっています。

f:id:TransMetalsGP:20160904113204j:plain

野生動物には、眠るといってもごく短い浅い眠りだけで、眠っていてもいつでも襲撃に備えるような生き方のものも少なくありません。

しかしフェレットの1日の睡眠時間は余裕の18時間。

なにも恐れてはいません。

 

私もこの最強生物に何回も戦いを挑んでいるのですが、一度も勝ったことはありません。

f:id:TransMetalsGP:20160904115430j:plain

 

※撮影に使用したトイレットペーパーはスタッフがおいしくいただきました。

Nintendo switchのゲーム体験版体験記9

これを読んでいるSwitch体験版プレイヤーの方々には周知の話だと思いますが、あまり体験版体験していない人のためにあえて書いておきます。

Switch体験版界の雄とも言うべきメーカーを紹介します。

まずは体験版界で最大の勢力を誇るレイニーフロッグ。

体験版ではイラストロジックなどのパズルや2Dアクションが多いですが、幅広くローカライズを手掛けているようです。

次に、すぐにそれとわかる独特のアイコンでお馴染みのカイロソフト。

パソコンやモバイルゲームからSwitchにやってきて体験版を配信しています。

そして机シリーズのSAT-BOX。

やはりスマホアプリゲームから、Switchへの参入です。

実は机じゃないゲームもあります。

この後に続くのがバンダイナムコエンターテインメントだったりします。

 

 

そろそろ読んだ人の頭が、こいつなんの話してるんだ、となってきたかと思うので先に進めましょう。

 

ここからの感想は、全て体験版プレイのものです。

 

 

VOEZ(ヴォイズ)

スマホ向けリズムゲームのスイッチ版。スイッチ版ではアップデートによりコントローラでのプレイにも対応。でも画面タッチのほうがやりやすいと思った。

体験版でプレイできるのは、Colorful Voice、Wilt、Kimi to mita sora no utaの三曲。

ロックされた大量の曲があるのを見ることができる。ボーカルの無い曲はテンポ速いのが多い。

高難易度になると譜面がそろばんみたいになってくる。そのうえでノーツが左右に動くから、リズムを外す以外に狙いが外れてミスということもある。

何回ミスしようが、全くプレイしなかろうが曲は最後まで流れるタイプ。ノーツの速度は任意で変更可。

多分、蘭空町と蘭空高校を舞台にしたストーリーが、日記というモードで語られるんだろうけど、体験版では解放されてないので不明。

完全に想像だけど、少しの挫折を乗り越えながらの爽やかな希望ある話だと予想。

Wiltがとても気に入ったので買ってみてもいいんだけど、SB69とProject miraiをプレイ継続中なのでこれ以上音ゲー増やせないわ残念だわ。

Hardでフルコンボまでは頑張ってみた。それ以上の難易度は、自分にはかなりやりこまないとフルコンは無理そう。

f:id:TransMetalsGP:20190606234447j:plain

f:id:TransMetalsGP:20190607005704j:plain

www.youtube.com

 

 

続きを読む

ペルセウス座流星群の時期!

今年もペルセウス座流星群の季節が来ています。

1時間に100個流れるともされ、日本の三大流星群のひとつとか言われますが、今年は満月と被ってるので観測条件は最悪です。満月の光はかすかな流星をかき消してしまうので。

というか台風が来てしまえばどうしようもありません。雲が出てれば月すら見えない。それもこれもお前らの日頃の行いが悪いからじゃないですか?

 

しかたないので流星群というのが、どうやって発生しているのかでも書いておきましょう。

知らなかった人は覚えて、人に自慢げに教えてあげるといいでしょう。

 

続きを読む

Nintendo switchのゲーム体験版体験記8

 9連休の人はいいね。子供はそもそも夏休みだろうから関係ないだろうけど。

こちとらただの3連休ですが、なぜか毎週日曜午前にどうぶつの森でカブ買ってるのに今週に限って忘れちまって、なに曜日の感覚だけ無くしてんだよって思ったりしてね。また、無くすにしても早いし。

 

 

そういうわけでして、ここからは全て体験版プレイの感想です。

 

 

 

 

Ape Out

ゴリラを操って脱出を目指すアクション。

最初の画面を見たときに集中線かなって思ったら檻だった。天井めちゃくちゃ高い。

事情はよくわからないけど、開幕時点でゴリラがひどい目にあわされてます。なので優しく気高いゴリラをとらえて檻に入れて悪いことをする非道な武装集団から逃れるための自由への戦いが始まります。

人間は銃で武装してるのに簡単にゴリラに接近を許すから壁に叩きつけてころ…完熟トマトを地面に叩きつけたみたいな状態にします。

人間と戦闘すると結果的に完熟トマトが量産されていろんなものが飛び散ることになる。その辺のアクションはシンバルのシャーン!、バーン! みたいな感じで気持ちいい。

逃走劇は続くようだけど、体験版は4面までクリアすると終了。

体験版のステージは建物の中だけで、真上見下ろし視点だけどめちゃくちゃ高い壁が視線を遮って周りが見えないようになってる。ゲームが進んでいくと、もっと開けた場所にも行くみたい。

音がでかいので任意ボリューム調整してください。

f:id:TransMetalsGP:20190807011011j:plain

f:id:TransMetalsGP:20190807013346j:plain


 

 

続きを読む

トランスフォーマー 時空を歪めた存在 スカイファイアーを知ろう

トランスフォーマーといえば、多元宇宙マルチバースが基本です。

海外製作のトランスフォーマーのアニメが日本に導入されるとき、ほとんどの場合行われてきたのが本編をカットして短くする。そしてエピソードの順番をシャッフルして入れ替えるという行為。

 

トランスフォーマーの初代アニメ、戦え!超ロボット生命体トランスフォーマーも、84年にトランスフォーマーが地球で復活する北米版と、85年に復活する日本版は、その時点でパラレルワールドだと個人的にはみなしています。

 

 

 

初代のアニメトランスフォーマーの場合、その話数シャッフルのひとつの原因になったのがG1スカイファイアーです。

 

続きを読む

W3の悲劇

季節のあいさつとかから書き始めて、段々くどく感じてきて結局消しちゃうみたいなことは結構あります。

暑いですね。

 

 

この間家にいたらズルズルー、ドンって音がして、なにが落ちやがったんだと思ったら、愛用のデジカメFinePix REAL 3D W3でした。

f:id:TransMetalsGP:20190807235123j:plain

 

へー、液晶の裏側ってこうなってるんだ。

続きを読む

Nintendo switchのゲーム体験版体験記7

体験版をプレイすると、ゲームニュースのチャンネル登録されちゃうみたいなんですよ。

それで机シリーズのゲームニュースがドカッと来たりしましたね。

勝手にメルマガ登録されちゃうみたいな感じで。

 

 

それはいいとして、全部体験版プレイでの感想です。

 

 

 

フリーダムプラネット

多彩なギミックの広大なステージを駆け抜けるアクションゲーム。

デモが始まるや残酷な展開からの流れるような状況説明。

色遣いや文字にスーファミ感あるけど、多分本当はメガドラ感。でもデカキャラや会話に音声もあるのはちゃんと現代感。

体験版では、DRAGON VALLEYというステージのTIME ATTACKモードのみで、3人いるキャラクターのうち、ライラックとキャロルの2人が使用可。

やってみたらすぐ、ソニックザヘッジホッグのフォロワーだとわかりました。

ライラックソニック。そう思うとどことなく顔も似てるような。

ライラックとキャロルで全然アクションが違うので、多分ミラのプレイ感も全然違うでしょう。

広大なステージ中にアイテムがたくさんあってどんどん集めるけど、大半のアイテムは何かわからず。

音がでかい。

f:id:TransMetalsGP:20190617003409j:plain

f:id:TransMetalsGP:20190617003745j:plain

続きを読む